津尾尋華のジャンプ打ち切り漫画紹介

週刊少年ジャンプの三巻完結以内の打ち切り漫画の紹介。時々他誌や奇漫画の紹介も。

キラーBOY 1984年

キラーBOY  全2巻 うすね正俊 1984

f:id:jiholeopardon:20210311213458j:image

 

砂ぼうずのうすね正俊先生の初連載。天真爛漫な天才バイク少年キリコのサーキットの活躍を描いたバイクレース漫画。レースものは少年誌だと受けが悪いんですが例に漏れず…。一応ジャンプではサーキットの狼よろしくメカドック、他誌でバリバリ伝説ふたり鷹、最近でもカペタなんかのヒットはあるんですが、必殺技なんかの派手さが出しにくい。テクニック論が分かりにくいなどで見せ方が難しいです。また、用語説明が必要だったら、キャラの書き分けが難しく、読者に読解コストがかかる為読み手のハードルが上がります。

 

バイクの動きを見せる都合上、遠景で見せる場合、バイクの型、ゼッケン、ヘルメットのマークなどで見分ける必要がある。

詳しくない人にはわかりにくく、読むためのカロリーが高い。

f:id:jiholeopardon:20210312001622j:image
f:id:jiholeopardon:20210312001627j:image

バイクのパーツ、レースの種類、ルールなどスポーツ物に比べて説明コストも高い。
f:id:jiholeopardon:20210312001631j:image

 

バイク自体の作画コストもある程度高い。
f:id:jiholeopardon:20210312001618j:image

 

体格での差が出しにくいため、レーシングテクで特徴を出さなければならないが、そのキャラだけしかできない説得力のあるキャラ立てが難しい。

f:id:jiholeopardon:20210312002027j:image

 

そこを踏まえても主人公のキャラは立っていたと思います。素直でいい子だけどどこか欠損したキャラ。

f:id:jiholeopardon:20210312002218j:image
f:id:jiholeopardon:20210312002215j:image

 

ジャンプではこの後スーパーパトロール、スーパーマシンRUN、ロードランナー、GPBOY、Fの閃光、ロケットで突き抜けろ、、公道レース展開を含むBETAKUTO、マッハヘッドを含めて8作品全てが3巻以下で終わります。卓球なみの鬼門ジャンル。

 

個人的にはレース中に我を失ったキリコの注意を引く為にピットでスカートをたくし上げるヒロインは大好きなんですけど。

 

レース中に我を失うキリコ

f:id:jiholeopardon:20210312002230j:image

スカートたくし上げヒロイン

f:id:jiholeopardon:20210312001946j:image