津尾尋華のジャンプ打ち切り漫画紹介

週刊少年ジャンプの三巻完結以内の打ち切り漫画の紹介。時々他誌や奇漫画の紹介も。

水のともだちカッパーマン  1995年

水のともだちカッパーマン 全3巻 徳弘正也 1995年  

f:id:jiholeopardon:20210415092358j:image

 

生き別れの母を探す河童と人間のハーフ河太郎は、霊感少女金剛寺舞と出会い仲を深めつつ、妖怪のトラブル解決を行う。
徳弘先生の下ネタは健在で、人情物からゴミ問題やいじめ問題などの社会問題、西洋妖怪との戦いを経てバトル物に路線変更、最終的には宇宙人と戦います。

 

自分を捨てた母親を10年探し続ける河太郎。

とにかく純朴でお人好しなのに作中では報われるどころか悲しい展開が多く、ひたむきさが泣けてきます。舞ちゃんのことも母親の事も好きなのに報われない。

f:id:jiholeopardon:20210415092414j:image
f:id:jiholeopardon:20210413135712j:image

妖怪退治を引き受けたばかりに河童化していく河太郎。

f:id:jiholeopardon:20210413135644j:image
f:id:jiholeopardon:20210413135544j:image

河童化が進み舞との別れを決める河太郎
f:id:jiholeopardon:20210413135637j:image

やっと見つけた母親は、河太郎に会いたいわけでなく、自分たちの工事の影響で子供にかかった呪いを解かせるために探していただけだった
f:id:jiholeopardon:20210413135554j:image

河童化した河太郎をみて気絶する母親

悲しすぎる…

f:id:jiholeopardon:20210413135707j:image

 

いじめ問題の話や

f:id:jiholeopardon:20210413135549j:image

ゴミ問題の話も

ターちゃんのペドロとアナベベもサービス出演

f:id:jiholeopardon:20210413135632j:image

f:id:jiholeopardon:20210413135700j:image

 

妖怪と人間の恋、良い事をすると良い事が返ってくる河童の特性、母や舞と居るために人間で在りたいのに人助けのため妖力を使うと河童に近づいていく体、仏の姿で戦い妖怪とどちらが正義に見えるか問いかける宇宙人、地球汚す人間たち、その人間たちのために戦う妖怪と、狂四郎2030に通じる重めのテーマをギャグで軽くしながらもしっかり描いていてます。

 

人間を味方にするために仏の姿となる宇宙人
f:id:jiholeopardon:20210415092434j:image

化け物である宇宙人にさえ疑問を持たれる人間

f:id:jiholeopardon:20210413135626j:image

かって宇宙人と戦った妖怪たちは、人間の自然破壊によりその姿を消していた


f:id:jiholeopardon:20210415092446j:image

舞とも結ばれず、母とは再開できたものの家族になれず、地球を救って宇宙に消えていく河太郎が切ないです。

 

自爆で道連れにしようとする宇宙人

f:id:jiholeopardon:20210413135736j:image

仲間を守るために、宇宙船を自分ごと宇宙に打ち上げる河太郎。最後に猫又だけがついてきてくれるラスト。

f:id:jiholeopardon:20210413135731j:image

 


今見ても面白いんですが、ちょっと大人向けすぎた感はあります。この辺りの大人向けテーマ、しんみりしつつも明るい人情物は狂四郎2030もっこり半兵衛に受け継がれていきます。徳弘先生はシェイプアップ乱、ターちゃん、狂四郎とスマッシュヒットを出して、天才と言われることも多いんですけど現在掲載誌がなく、グランドジャンププレミアムで「もっこり半兵衛」が不定期連載のみになっています。徳弘先生レベルでも、と少し悲しくなってしまいますが、もっこり半兵衛はアシスタントなし、奥さんのお手伝いだけで掲載しながらもアンケート1位をとり、評価もめちゃをくちゃ高いです。


途中からコミックも電子のみのようですが、是非Twitterで検索して興味が出たら読んでみてください。 

 

この方のもっこり半兵衛評がとても好き

https://yamakamu.net/hanbei