津尾尋華のジャンプ打ち切り漫画紹介

週刊少年ジャンプの三巻完結以内の打ち切り漫画の紹介。時々他誌や奇漫画の紹介も。

グランバガン  2001年

グランバガン 全2巻 山田和重 2001年 

f:id:jiholeopardon:20210518045431j:image

 

日本から英国へと、見た事のない世界を見にきた馬眼は、イギリスの諜報員となり、変装の名人シェイクスピア、海賊フランシスドレイクらとともにエリザベス女王のもとスペインと戦う。英国偉人が出てワクワクするのはちょっと時代を先取りしすぎていた感があります。

 

地図の空白の部分をみたい。

好奇心がキャラクターのモチベーションとなることはままあるのですが、漠然としすぎてたかな。大目標はこれとしても、もう少し感情移入しやすい小目標が欲しかったです。

f:id:jiholeopardon:20210518045547j:image

f:id:jiholeopardon:20210518141055j:image

 

次々と登場する有名英国英雄
f:id:jiholeopardon:20210518045550j:image
f:id:jiholeopardon:20210518045554j:image
f:id:jiholeopardon:20210518045559j:image

 

魔眼マクベス、ギター型銃「リア王」、魔剣サムライソードなどギミックも凝っており、林崎流抜刀術など中2要素も揃っていたんですが世界は広い方の説明に終始して強力なライバルが不在だったのが痛かったかしら。終始、スペイン軍との戦いで、西洋剣術対日本剣法対決なんかもあるんですが、強力なネームド敵キャラがいないため、バトルの盛り上がりもイマイチになってしまいました。

 

砲弾を切るバガン

f:id:jiholeopardon:20210518045608j:image

林崎流抜刀術!
f:id:jiholeopardon:20210518045611j:image

ダ・ヴィンチ考案の軌道を写し込む魔眼マクベス

f:id:jiholeopardon:20210518142558j:image

 

オープニングと対になるエンディング

f:id:jiholeopardon:20210518142916j:image
f:id:jiholeopardon:20210518045614j:image

 

など、惜しい要素は多かったと思います。

友人の小山くんは「これはきますよ!」と激推しでしたが11週で撃沈。