津尾尋華のジャンプ打ち切り漫画紹介

週刊少年ジャンプの三巻完結以内の打ち切り漫画の紹介。時々他誌や奇漫画の紹介も。

神力契約者M&Y 2007年

神力契約者M&Y 全2巻 暁月あきら 2007年 

f:id:jiholeopardon:20210612135333j:image

 

うな!

地水火風の神と契約して人の魂を喰らう災獣と戦う神力契約者、朱雀ミコトと従者白虎ユウナ。大量の神力をとりこむことで大人に成長するミコト。口癖は「うな!」毎回コスプレを披露するヒロインユウナ。そこはかとなくあかほりさとる臭がします。令和の世でこのニュアンスつたわるかしら…。

 

お約束の4大元素

f:id:jiholeopardon:20210612135440j:image

大人に変身するのは、あっけら貫刃帖以来ですね。

f:id:jiholeopardon:20210612135445j:image

毎回コスプレを披露するユウナ。

えーと、5期鬼太郎か!

f:id:jiholeopardon:20210612135504j:image

f:id:jiholeopardon:20210612135509j:image

f:id:jiholeopardon:20210612135513j:image

f:id:jiholeopardon:20210612135616j:image

                    

災獣を産む災魂は、地球の発する歪んだエネルギーの集合体。契約者たちはこれを封印する為に捜索しており、災獣たちは解放を目的として暴れています。

f:id:jiholeopardon:20210612140109j:image

f:id:jiholeopardon:20210612140048j:image


災獣と戦ううち、お約束通り四神の名をもつキャラクターが集まり、災獣の上位存在・災獣将との戦いが始まります。

f:id:jiholeopardon:20210612140120j:image

f:id:jiholeopardon:20210612140124j:image

f:id:jiholeopardon:20210612140139j:image

 

敵の災獣将は90年代より能力バトル寄り。こっちは少し今風です。ちょっとチートすぎませんかね…。
災獣将との戦いの最中解放されてしまう災魂ですが、ミコトが力を振り絞り浄化します。千年に一度復活する八極聖龍王ヤマタノオロチ』などラスボスは示唆されますが、打ち切りなので名前だけの登場です。

f:id:jiholeopardon:20210612140209j:image

f:id:jiholeopardon:20210612140227j:image

あかされる登場しないラスボスの設定

f:id:jiholeopardon:20210612140232j:image

そしていつものごとく戦いは続く

ということで完結!

f:id:jiholeopardon:20210612140545j:image

 

90年代深夜アニメのような、ベタな展開はジャンプで受けませんでしたが、こなれた作画は西尾維新とのタッグ、めだかボックスで本領を発揮し、症年症女、12大戦と続けてコンビを組むことになります。

 

ちなみに4神自体がそろそろ危険な設定で、少女マンガはふしぎ遊戯と火輪、蒼の封印、BASARAというドストライク作品が、少年漫画ではリングにかけろの影道編あたりから少年漫画に顔を出し始めて、B't X、サムライディーパーKYOではメイン設定として使われて、幽遊白書るろうに剣心でも登場しますが、今作神力契約者、闇神コウ、瞳のカトブレパス、バディストライク、ラルグラドと打ち切り漫画にも頻出する設定です。まあ、安易というか、キャラ立ちがある程度決まっちゃいますからね…。