津尾尋華のジャンプ打ち切り漫画紹介

週刊少年ジャンプの三巻完結以内の打ち切り漫画の紹介。時々他誌や奇漫画の紹介も。

恋するエジソン  2013年

恋するエジソン 全3巻 渡邉築 2013年 

f:id:jiholeopardon:20210716141817j:image

 

エジソンのネジが頭に埋め込まれており、想いが高まると発明モードに入り、エジソンの顔になるのと引き換えにすごい発明品(キワモノ)を作れるようになるスピカと寮長をしている同級生研介のギャグ寄りラブコメ。グリムよりも切れ味が増しており津尾さんかなり好きなんですけどヒロインが汚れ役すぎたかしら。

f:id:jiholeopardon:20210716141926j:image

発明はかなりキワモノなので助かる代わりに何かを失うパターンが多いです。
f:id:jiholeopardon:20210716141941j:image

f:id:jiholeopardon:20210717233314j:image

 

掃除機ネタとか、Zがキーワードで癒し系の人と出会いがある占いの回とかけっこう良かったと思うんですが、後半ちょっと失速した感がありました。コンスタントにクオリティを保つだないといけないギャグ漫画は大変ですよね…。

 

人型ルンバ回

f:id:jiholeopardon:20210716142705j:image

占い少年回

ラッキーワード Z   癒し系の運命の人

f:id:jiholeopardon:20210717141635j:image
f:id:jiholeopardon:20210716142824j:image

ライバル登場

ニコラ・テスラと、平賀源内になるやつが出てきて競争したら、手を組んだり。わりと幅も広げやすかったと思います。

 

f:id:jiholeopardon:20210716142847j:image
f:id:jiholeopardon:20210716142852j:image
f:id:jiholeopardon:20210716142903j:image
f:id:jiholeopardon:20210716142857j:image

 

ジャンプで赤木しげるのパロディキャラを出したら、アシュラ男爵について語ったりというのがダメだったのかもしれません。

あとヒロインの女子の下ネタが多いのが少年に受けなかったのか…。

f:id:jiholeopardon:20210717233242j:image

f:id:jiholeopardon:20210717233245j:image

 

好沢くんが万引きを疑われる回とか良かったと思うんですけどね、

 

f:id:jiholeopardon:20210717233359j:image

f:id:jiholeopardon:20210717233403j:image

f:id:jiholeopardon:20210717233432j:image

 

この頃のギャグ漫画の中では一推しです。

一応、この前年から斉木楠雄、伊達先輩、キルコ、エジソン、焼野原鏖、磯兵衛と続くギャグ漫画ダービーは斉木楠雄と磯兵衛の勝利に終わりました。