津尾尋華のジャンプ打ち切り漫画紹介

週刊少年ジャンプの三巻完結以内の打ち切り漫画の紹介。時々他誌や奇漫画の紹介も。

オレゴラッソ  2016年

オレゴラッソ 全2巻 馬上鷹将 2016年 

f:id:jiholeopardon:20210818192516j:image

 

テコンドーJr.日本代表の幡場は暴力事件を起こした事から3年間の公式試合出場停止となる。体格と筋肉、体幹からサッカー部のマネ真琴に経験者と勘違いされ、部に誘われた事からサッカーを始めることになる。

 

勘違いからサッカーをする事に

f:id:jiholeopardon:20210818192701j:image
f:id:jiholeopardon:20210818192704j:image
f:id:jiholeopardon:20210818192708j:image

 

テコンドー仕込みの蹴りでスーパーゴールを決めた快感からサッカーを始める幡場。もとu12日本代表の時代遅れのファンタジスタ・一春は幡場の才能を見込んでコンビを組むことを提案する。主将と対決して素質を見せた幡場はサッカーにのめり込んでいく。

 

ゴラッソを決めたことからサッカーにのめり込んでいく

f:id:jiholeopardon:20210818192728j:image

ファンタジスタとの出会い

f:id:jiholeopardon:20210818192826j:image

f:id:jiholeopardon:20210818192921j:image

f:id:jiholeopardon:20210818192925j:image

 

 

テコンドーの蹴り技の特性上グラウンダーが苦手という悪球打ちならぬ悪球蹴り。システムサッカーに対するファンタジスタと純粋なストライカーと言う現代サッカーへの挑戦など面白い所に目をむけており、ここ最近のスポーツ漫画の主人公には珍しく素直で前向きな性格も好感がもてました。

 

素直で前向きな性格、好感が持てる主人公

f:id:jiholeopardon:20210818193110j:image
f:id:jiholeopardon:20210818193120j:image
f:id:jiholeopardon:20210818193114j:image
f:id:jiholeopardon:20210818193117j:image

 

しかしそれでもスポーツ漫画の壁は破れず後半は凄い勢いでダイジェスト展開がおくられます。

f:id:jiholeopardon:20210818193127j:image

f:id:jiholeopardon:20210818193204j:image

f:id:jiholeopardon:20210818193207j:image

 

正直キャラクターを積んで組み上げる性質が強いスポーツ漫画は4〜5巻まではプロテクトしてあげるとかの措置がないジャンプでは厳しいと思います。
平等でない?サム8があっただろ!

 

これ何度も言ってますけど、他スポーツのエリートが転向してきたから基礎体力があるドルヒラ、大好王タイプとかパワーの有り余った素人がスポーツを始めるスラダンタイプとかありますけど、マガジンがよくやってるある程度の能力のあるアスリートを一段上の集団に入れて育成する系統が現在では1番安定している気がします。