津尾尋華のジャンプ打ち切り漫画紹介

週刊少年ジャンプの三巻完結以内の打ち切り漫画の紹介。時々他誌や奇漫画の紹介も。

COOL 1997年

COOL 全3巻 許斐剛 1997年

f:id:jiholeopardon:20210423093030j:image

 

 

テニスの王子様のヒットでこちらもそこそこ有名なラジカセでしゃべるレンタルボディーガード、「トリッキー」のCOOL。

 

女子高生が依頼に来たところから始まりますが、よく考えたらとびきりおかしな登場シーン。女の子がラジカセに気を取られた隙に入り口にポーズ取って待機。この辺のよく考えたらおかしい味が許斐先生らしく、突き抜けたらテニスになったという印象。今作はまだ、真面目です。いや、許斐先生は、いつも真剣にやってるんだー!!

f:id:jiholeopardon:20210423142535j:image

 

f:id:jiholeopardon:20210423142037j:image

テクニシャン、パワー、スピード、トリッキーの4人のレンタルボディガード。テクニシャンとスピードは残念ながら登場しませんが、おまけページで喫茶店のマスター、手塚国風がテクニシャンという可能性が示唆されています。温和でいつもニコニコしていて秘密があるキャラクターがメチャクチャ人気があったらしく、テニスの王子様では手塚国光としてリボーンします。設定上は手塚国光の従兄弟ということになっているようです。(レディクール参照)

 

自由度の高すぎるあらかじめ録音していたラジカセによる会話。ラジカセですよラジカセ?

今の子わかるのかしら。

f:id:jiholeopardon:20210423093121j:image

ハズレを引かす能力

f:id:jiholeopardon:20210423093134j:image

f:id:jiholeopardon:20210423142711j:image

たまにホットになるcool

f:id:jiholeopardon:20210423093125j:image

 

パワーのボディガード・ドン。ナックルでトラックを止める本人曰く「ダイナミック」のボディガード。

スピードとテクニシャンのボディガードまで出せなかったのが残念です。

f:id:jiholeopardon:20210423190229j:image

 

後半毒手使いなどが登場してややバトル風味にはなりますが、特筆すべきは、こんなにバトル漫画にしやすい状況で打ち切りを喰らったにもかかわらず、レンタルボディガード形式は崩してないんですよね。

f:id:jiholeopardon:20210423190456j:image

話に芯を通して、結末まで描いているのに許斐先生の覚悟を感じます。coolのキャラが、一般受けするかっこよさかどうかは議論の余地があると思いますが、次作「テニスの王子様」で、寡黙で強いオレ様キャラを踏襲しつつ越前リョーマを人気キャラに仕立て、手塚、不二、菊丸、跡部、赤也、亜久津、真田、幸村など枚挙にいとまない一般受けするイケメンキャラを大量に描いて大成功を収めますので、この辺りのすり合わせも学習しています。これ、いい点を残して、ストロングポイントを増やしてるので、打ち切りからの次作としては完璧なムーブなんですね。紹介した作品にいくつも、1作めと2作めで同じ失敗をしているものがありますから、修正できてる時点でかなりすごいです。揶揄されることも多いですが、許斐先生なんだかんだで天才作家の1人だと思います。

 

ちなみにスピンオフとして、女性が主人公のLADY COOIが全2巻で2013年に刊行されました。

f:id:jiholeopardon:20210423192023j:image

 

JOKER 1997年

JOKER 全2巻 山根和俊 1997年

f:id:jiholeopardon:20210420180746j:image

 

悪役プロレスラージョーカーは月の光で変異する怪物を退治する正義の道化師。子供達の純粋な欲望を糧に世界中の人間を月光変異させようとする羅生門を止める為にジョーカーは戦う。ハリウッドダークヒーローテイスト。

 

普段は悪役レスラー

f:id:jiholeopardon:20210421184716j:image

月光変異して正義の道化師へ!

アメコミテイストのダークヒーローです

f:id:jiholeopardon:20210420180818j:image

テーマは正義

f:id:jiholeopardon:20210422130642j:image
f:id:jiholeopardon:20210420180802j:image

敵も月光変異した怪人

f:id:jiholeopardon:20210422142405j:image

子供の脳をして、世界に月光変異を起こすマシン。……エンジェルハイロウ?
f:id:jiholeopardon:20210422073416j:image

 

 

2人の孤児が生きていくためには盗むしかなく、それが原因で命を落とした仲間を助けてくれる人は誰もいなかった。唯一の心の拠り所だったテレビのヒーロー・カイザーマスクを含めて。だから、キッドはヒールを演じながら正義の道化師になる事を決めた。憧れたカイザーマスクのようにプロレスで戦う正義のヒーローに。という、導入はシビアでいいのですが、テーマの正義をふくらましきれずになし崩しに世界崩壊を企む怪人とその手先とのバトルに進んでいきます。

 

正義のヒーローはいない。だから自分がヒーローになるというオリジン。

f:id:jiholeopardon:20210422130749j:image

 

もともと、山根先生は市場をリサーチして綿密に構成を考えて描くタイプの漫画家ではなく、好きなものを詰め込んで自分が面白いと思う物を描く野口賢先生と似たタイプの漫画家なので、今作も前作ジャスティスも、アメコミテイストで憎まれ口は叩くが基本的には正義感の強いタフガイが、おてんばだが可愛い女の子を相棒に事件を解決するという根底は同じです。ジャスティスではこれに剣戟とバイクが、ジョーカーではプロレスが加わっています。

 

決め技はプロレス

f:id:jiholeopardon:20210422142439j:image

f:id:jiholeopardon:20210422142444j:image

 

好きなものを詰め込んだせいで、「正義とは」なのか、「化け物退治」なのか、「人間の業」を描きたいのかがいまいち散漫になってしまった感はあります。このあたりの、話の纏めきれなさはジャスティスでもかいまみえたので、青山広美先生とのコンビでギャンブルフィッシュ、バードシリーズ、超人戦線と連載ができたのは正解だったと思います。

Merry Wind 1997年

Merry Wind 全2巻 山本純二 1997年 

f:id:jiholeopardon:20210419193131j:image

 

神童と言われた天才投手塚本勇次と互角に投げ合い、再戦の約束を果たす為に弱小高校清芳に入学した山川一真。しかし、塚本は事故で死亡していた。野球をやる気を失う一真だが、清芳が練習試合に負けると廃部と聞いて迷いをふりきる。

 

弱小高に主人公バッテリーが入学するところから開始。

f:id:jiholeopardon:20210420134735j:image

f:id:jiholeopardon:20210420134853j:image

 

この作品、情報を読者に隠した状態で話が進むので構成が非常にわかりにくいんですが、ヒロイン遥香の思い込みが激しいのに、遥香中心に話が回るので尚わかりにくくなっています。

 

時烈系順に並べると、中学地区予選決勝で塚本と一真が対決。塚本が勝利するも、一真はノーヒット達成。2人は再戦を誓う。

f:id:jiholeopardon:20210420135131j:image

f:id:jiholeopardon:20210420135136j:image

 

塚本は清芳で甲子園を目指すはずだったが、一真が清芳に来ると聞いて、対決するために名門東が丘に行く事を決める。この、「清芳で甲子園に行く」ことの温度差が物語を面倒にしてるんですけど、ライバルと戦うことを優先するくらいの塚本の思い入れに対して、遥香はめちゃくちゃ清芳での甲子園行きに固執してます。

 

幼馴染(塚本)に甲子園に連れて行ってもらうことが夢だった遥香

f:id:jiholeopardon:20210420135246j:image

一真が清芳に来ることで志望校をかえる塚本

おまえら、バックのこと何も考えてないだろ

f:id:jiholeopardon:20210420135432j:image

塚本の代わりに一真に夢を託そうとする遥香

この辺りも甲子園行けたらなんでもいいのか?感が漂い感情移入を妨げます

f:id:jiholeopardon:20210420135428j:image

f:id:jiholeopardon:20210420140351j:image

 

塚本が事故で死亡。塚本の代わりに一真に清芳の甲子園行きを託そうとする遥香

f:id:jiholeopardon:20210420140304j:image

 

お父さんが甲子園にいくのが夢がだったからという理由で清芳での甲子園行きを夢見てるんですけど、なぜまだ進学してもない学校に親が通っていたという理由だけでそんなに感情移入してるのかの説明は特にありません。東ヶ丘にいって、塚本と二人で甲子園目指すんじゃダメなの?

 

塚本が東ヶ丘に行ったけど、甲子園には行きたいから塚本のライバル一真に頼ろうは、まあ弱小高としては当然の帰結なんですけど、勝手に救世主扱いされて、死人の代理人みたいなこと言われたら困惑するわなあ…。というのが話をややこしくしてるポイントの一つ。

f:id:jiholeopardon:20210420140755j:image

 

さらに、なぜ全国区の中学をノーヒットに抑えた一真にスカウトが来ていないのか、キャッチャーはなぜ一真に盲目的に付き合っているのか、そもそも強豪校のスカウトならともかく弱小高にいく進路とかお前らどこから入手してるんだよとか、一試合分の因縁しかないのになぜ野球を辞めるくらいの衝撃をうけているのかなどの説明が一切ありません。

 

イラつくぜぇー!俺は納得したいだけなんだ!納得は全てに優先するぜ!

遥香と塚本との関係も一真と塚本の関係も掘り下げが特にないのでキャラクターがなぜそこまで思い入れているのかが伝わってきません。物語のために配置されたキャラクターという感じなんですね。 

 

塚本の死を知って野球をやる気をなくす一真

団体競技で同ポジションのライバルが死んだからって野球を辞めるところまで思い詰めるかしらというのも感情移入できないポイント。バックボーンを描いてくれ!

 

f:id:jiholeopardon:20210420140751j:image

f:id:jiholeopardon:20210420140800j:image

 

結局廃部の危機を効いた一真とキャッチャーが野球部に入部して、名門相手に練習試合をノーヒットノーランで完封して勝ったところで連載は終了します。ライバルの死に気がつくまで4話、悩み悩んで野球部に入るのを決めるのが7話でそれまでヒロインと主人公の悩む姿を見せられるのはちょっときついものがありました。

 

球漫画の下手展開の一つ。負けたら廃部

f:id:jiholeopardon:20210420141044j:image

 

振り切って野球を続ける事を違う一真

まあ、これが普通の感覚なんだけど今までのはなんだったとはなる。

f:id:jiholeopardon:20210420024454j:image

 

まともに試合をしているシーンは一度もありませんでした。いや、野球漫画としてはきついです。

f:id:jiholeopardon:20210420141204j:image

多分「タッチ」をやりたかったと思うんですよ。幼馴染と育んだ甲子園にいくという夢。死んだ幼馴染の代わりに夢を継ぐ主人公。人間ドラマがメインで試合の技術面などは特に言及しないスタンス。野球を通して2人の中が徐々に特別になっていく等、随所にその気配が感じられるんですが、強引な展開と説得力のない描写が盛り上がりを損いました。

 

ヒロインムーブもあった遥香なんですけど2巻に収められる内容ではなかった。

f:id:jiholeopardon:20210420141411j:image

球漫画としては致命的な発言。塚本もそうなんですけどこいつらピッチャーが凄ければ試合に勝てると思ってるんですよね…。いや、昔の野球漫画はピッチャーと4番くらいしか描写がなかったけどさ…。この辺りの未熟さも鼻についちゃいました。
f:id:jiholeopardon:20210420141421j:image

レスリングwithもも子 1997年

Wrestling with もも子 全2巻 徳弘正也 1997年 

f:id:jiholeopardon:20210419005155j:image

 

全日本女子レスリングチャンピオンのもも子が、同級生とレスリングを創部。スケベ心で集まった男3人にレスリングを教えていく。3人の成長を描いたスポーツギャグ漫画。
いつもながら、話が丁寧で悪意がない優しい物語。

 

レスリングがマイナースポーツで全日本チャンプでも扱いが厳しいところからスタート。

部活を作るところからですがメンバーは1週で集まります。

f:id:jiholeopardon:20210419010838j:image

f:id:jiholeopardon:20210419010849j:image

f:id:jiholeopardon:20210419081124j:image

 

レスリングの試合はなく、素人3人に基礎を教えるため、マラソンとマット運動をしていくターンが続きます。このあたり、創部、メンバー集め、基礎訓練と本来あまり面白くないパートをギャグを交えつつサラッと読ませているのは上手いです。

f:id:jiholeopardon:20210419081302j:image
f:id:jiholeopardon:20210419081310j:image
f:id:jiholeopardon:20210419081306j:image

 

いじめっ子と戦うことでメンタルも技術も成長していることを示し、話の上でのモチベーションをあげます。また、経験者が練習に参加してくる描写で3人の上達を示唆するという丁寧な展開。なんというか、創部物に必要な話のパーツが作業感なく配置されているところが、よくある話でなくこなれた印象を与えています。下ネタと絵柄の壁を超えられたらほんとに丁寧な作家なので、食わず嫌いされるのがもったいないんですけど、下ネタは本人が切り離せない物としてるんですよね。徳弘先生原作とかやらないかしら…。

f:id:jiholeopardon:20210419081551j:image
f:id:jiholeopardon:20210419081559j:image
f:id:jiholeopardon:20210419081555j:image

 

ラストは鍛えられた3人が、全国王者のいる道場から勝負を持ちかけられた、もも子をかけて試合をすることになります。

f:id:jiholeopardon:20210419090904j:image
f:id:jiholeopardon:20210419090913j:image
f:id:jiholeopardon:20210419090857j:image

 

試合をしないのにスケベ心でモチベーションが保てて、確実に成長していく描写も上手いんですけど、流石に下ネタがジャンプに合わなくなってきた感はありました。徳弘先生のWJ最後の作品になり、続きを描く予定だったくらいに作者も気に入ってたようですが、却下され、その結果、名作狂四郎2030が誕生します

仏ゾーン 1997年

仏ゾーン 全3巻 武井宏之 1997年

f:id:jiholeopardon:20210417153349j:image


ミロクを守り人々を救ける為に仏国土よりやってきた千手観音のセンジュは仏ゾーンとなって魔羅と闘う。
アシュラの仏ゾーンウォーズマンマスクだった事で有名ですが、打ち切り漫画でも1、2を争う人気漫画です。

f:id:jiholeopardon:20210417153356j:image
f:id:jiholeopardon:20210417153417j:image
f:id:jiholeopardon:20210417153414j:image


地上の仏像を依代に仏の国から地上に顕現した千手観音のセンジュが天衣・千手アーマーを纏い弥勒菩薩の生まれ変わりサチを守って衆生救済するための旅に出る。

必殺技の千手パンチで、魔羅の操る仏ゾイドと闘うセンジュだが、地上で打てる千手パンチは1日一回。素体となる仏像の強度の劣化によるアーマーの破壊。人間を憎む仏ゾーンの登場など様々な苦難がセンジュ達を襲う。

 

仏の国からやってきた仏ゾーン

f:id:jiholeopardon:20210418174619j:image

必殺の千手パンチ
f:id:jiholeopardon:20210418174552j:image

人を憎む仏ゾーン・阿修羅
f:id:jiholeopardon:20210418174626j:image
愛しいものを奪われた時も相手を愛しむことができるか実感する阿修羅
f:id:jiholeopardon:20210418174612j:image
f:id:jiholeopardon:20210418174623j:image

阿修羅をもすくおうとするセンジュ
f:id:jiholeopardon:20210418174603j:image

 

打ち切り漫画で続いて欲しかった漫画スレなどでは必ずこいつとダブルアーツ、ゾンビパウダー、みえるひと、ウルトラレッド、P2あたりの名前が上がります。個人的にダブルアーツとP2は続いて欲しかったよう…。ちなみに僕のTLで異様な人気を誇る恐竜大紀行はあんまり名前が上がりません。なんでや。

この辺りは上手く纏まって終わった漫画と、俺たちの戦いはこれからだで終わった漫画の違いなんでしょう。惜まれる漫画と続きが読みたい漫画は違うってことでしょうね。

 

武井先生はシャーマンキングユンボルと続きを描いているので仏ゾーンもチャンスがないわけでは無さそうです。

 

 

私のカエル様 1997年

私のカエル様 全2巻 川島雄輝 1997年 

f:id:jiholeopardon:20210416075337j:image

 

ロボットの反乱が起こり人間はハイドと呼ばれるロボットに殺されるのを待つのみとなった時代。ゴミ捨て場から拾われたカエル型ロボは、人の心を持ち、剣を持つと人を守って戦う、人間の友達となれるロボだった。

f:id:jiholeopardon:20210416075352j:image
f:id:jiholeopardon:20210416075359j:image

f:id:jiholeopardon:20210416075355j:image

 

ロボットに襲われ、隠れ住むのみとなった人間世界の終末。温厚だが武器を持つと人が変わる二重人格ロボット。人間の味方となるとロボットを作ろうとする少年。守っていた家政婦ロボットに両親を殺された少女。人間を殺せば殺すだけ人間になれると思い込んでいる狂気のロボット。ロボットに腕だけを奪われて生かされた復讐者。設定だけ見るとハリウッド映画みたいなシビアな環境での人間ドラマという感じですが、絵柄とカエルがかなりこれを緩和しています。

 

ロボットの迫害というもテーマの一つ

ロボットを怖がらない人間は珍しい

f:id:jiholeopardon:20210417150422j:image

f:id:jiholeopardon:20210417150355j:image

基本ロボットに人間が殺されていく世界なので相互理解が難しい。ロボットが狂う原因は最後までわかりません。
f:id:jiholeopardon:20210417150402j:image

復讐者を産むロボット
f:id:jiholeopardon:20210417150413j:image

産まれた復讐者
f:id:jiholeopardon:20210417150418j:image

心を通じ合わせるロボットと人
f:id:jiholeopardon:20210417150406j:image
f:id:jiholeopardon:20210417150409j:image

敵には狂ったロボットも
f:id:jiholeopardon:20210417150358j:image

 

ハードSFを少年誌で受け入れて安い形にしたという点では評価できるのですが、メルヘンチックな絵柄とカエル造形が、ハードSF好きを遠ざけてしまったかも、というアンビバレンツな作品。

 

ストーリーライン的には面白いので、ファンも散見されます。惜しむらくは、朴訥な性格をしたカエルに目的意識が薄く、展開が受け身になってしまった事、2話から始まるロボットを作ろうとする少年のキャラが薄かった事でしょうか。じっくり作劇ができたため、通常のカエルが人を守ろうとする理由付けはできたのですが、その分ロボットが反乱を起こした理由、カエルが変貌する理由、カエルが反乱ロボットのようにならない理由などがぼかされたまま話が進み、答えが明示されないまま終わってしまいました。

 

BETAKUTO‼︎〜野蛮なれ  1996年

BETAKUTO‼︎〜野蛮なれ 全2巻 野口賢 19960年 

f:id:jiholeopardon:20210416073239j:image

 

拓斗は熱くなることが好きなバイク好き高校生。バイクレースをした事をきっかけにロシアの空手チャンプキリコと因縁ができる。バイクと空手と恋愛と話の焦点が定まらなかったのが敗因。野口賢先生は柳生烈風剣連也、竜童のシグに続き3連続打ち切りでWJからお別れとなります。

 

f:id:jiholeopardon:20210416073317j:image
f:id:jiholeopardon:20210416073313j:image

 

とにかくカッコいい要素をぶち込みました!って内容なんですが、これ、古武術サイボーグ009&戦国の竜童のシグ剣劇&ロボット&亡国のお姫様の柳生烈風剣連也と同じなんですよね。好きが先走りすぎて話がまとまっていない…。

今作でも、その点では前半はバイクをかっ飛ばし、後半は空手と内容が分かれる上に、幼なじみと先生のダブルヒロインなのが話を散漫にしています。

 

空手女教師ヒロイン

f:id:jiholeopardon:20210416074217j:image

f:id:jiholeopardon:20210416074256j:image

f:id:jiholeopardon:20210416074221j:image

幼馴染ヒロイン

f:id:jiholeopardon:20210416074318j:image
f:id:jiholeopardon:20210416074314j:image
負けヒロインくさい先生の方が押されてる感じなのは好きでした。いや、だから収集がつかなくなるんですけど。