津尾尋華のジャンプ打ち切り漫画紹介

週刊少年ジャンプの三巻完結以内の打ち切り漫画の紹介。時々他誌や奇漫画の紹介も。

番外編 神緒ゆいは髪を結い

神緒ゆいは髪を結い 全4巻 椎橋寛 2019年

f:id:jiholeopardon:20220422074948j:image

 

 「ぬらりひょんの孫」の椎橋寛先生によるスケバンバトル漫画。最近なんで覚えてる人も多いと思いますが割と経緯に謎の多い作品です。金・容姿・頭脳に恵まれたちょっと性格に難のある鍵斗が一目惚れしたスタイル抜群でお淑やかな美女・ゆい。しかし、清楚な白ゆいが鎖を解くと伝説のスケバンになるのだったというラブコメ。というより初期は割とエロコメよりだったのですが、15話より突然ご当地スケバン変態バトル物に路線変更します。

 

f:id:jiholeopardon:20220422075106j:image

f:id:jiholeopardon:20220422075118j:image

初期はTOLOVEるみたいな展開。

この手の漫画にしては、ハイスペックでいけすかないイケメンである鍵斗を主役にしたのはウケが悪かったと思います。まあ、後の布石だったのかもしれませんが…。

 

ブコメが不評でバトルに移行したのかと思いきや、一巻の袖を見ると初期タイトルが「スケバン猛将伝」。アナクロすぎてダメ出しされたのでエロコメ路線をミックスしたのか、リボーンみたいな日常→バトルをやる予定だったのかこの辺りが不明ですが、読んでる側としては急激な路線変更に戸惑いました。

f:id:jiholeopardon:20220422075727j:image

 

表紙の絵柄などかなり頑張って今までの作風と変えていたあたりは好感が持てますが、正直ラブコメ路線は新鮮さがなかったので、1周回って新しいご当地スケバンの方が好みではありました。実際SNSでも盛り上がっていたと思いますが、この路線が固まり切る前に連載終了が決まってしまったのが痛かったです。

f:id:jiholeopardon:20220422075755j:image

表紙絵はかなり絵柄をかえてました。個人的にはかなり好み

 

見開きスケバン対決+描き文字が出たのが三巻の頭。この後、死のバイオリンスケバン、人造スケバン、日本最古のスケバン、怪光線お釈迦スケバンとどんどんと常軌を逸した能力バトルになるとともに盛り上がってきたのですが、時すでに遅し…。

f:id:jiholeopardon:20220422080143j:image

f:id:jiholeopardon:20220422080255j:image

f:id:jiholeopardon:20220422080304j:image


蟲を利用して少女を戦士(スケバン)にする。この設定を早く出しておけば…

f:id:jiholeopardon:20220422080407j:image

いや、それにしてもスケバン達が山風忍法帖並みの異能を使う理由としてはよくわからないんですけど、音を聴くと死に至るバイオリンやら、人形と同じ運命を辿る力やら、エネルギー波を出す能力ですよ?

f:id:jiholeopardon:20220422095629j:image

フランス外人部隊より御庭番衆より強いスケバン

 

 

終盤登場したお釈迦スケバンに至っては、令和の時代に「シャカの目が開いたーっ!」を目にすることになるとは思いませんでした。まあ、ここは流石に連載終了が決まってはっちゃけていたのかもしれません。しかし、序盤から怪光線お釈迦スケバンくらいはっちゃけてくれていれば忍者と極道みたいになれたかも…。惜しかった。

 まあただ、序盤の日常系エロコメ(ファンタジーの度合いがゆいの二重人格くらい)から突然のスケバンバトルという落差にやられた面もあると思いますので、1話から都道府県スケバンバトルを全面に押し出されていたらここまで心に残る作品にはなってなかったかもしれません。さじ加減の難しいところ。

 

コミックのスペースで披露されるご当地スケバンが哀愁をそそります。津尾さんは岐阜の木刀二刀流スケバンが好みでした。

f:id:jiholeopardon:20220422081139j:image

登場しなかった巨大化スケバン、闇照大御女神スケバン、脳漿スケバンフリッカ、分裂スケバン、地獄基地スケバン、播州皿スケバン、装甲師団マッドスケバンあたりも見たかったですね。

 

 

 

 

というわけで番外編も今回で終了。

4、5巻完結の打ち切り漫画のとしては、比較的名作の声の上がる「タイムウォーカー零」、「マインドアサシン」、「みえるひと」や「ワークワーク」、伝説のプレリュード「タカヤ」、小畑先生の原点「サイボーグGちゃんG」、ジャンプでやるには地味すぎた「影武者徳川家康」、最近でもちょっとやりたいことがわかりにくかったけど人気はあった「ニライカナイ」、最後の超大物「サムライ8」なんかがあるのですが、まあその辺りは機会があれば……。

 

番外編 賢い犬リリエンタール 

賢い犬リリエンタール 全4巻 葦原大介 

f:id:jiholeopardon:20220420135406j:image

 

ワールドトリガー葦原大介先生のデビュー連載。ジャンプっぽくないハートフルコメディの為連載期間は短いけれど、葦原エッセンスは感じ取れます。理詰めの考察展開や、軽妙な掛け合い、ちょっと変わったキャラクターなど、「らしい」お話。

 

兄と2人で暮らすてつこは、ある日海外を飛び回る両親から不思議な力をもったしゃべる犬・リリエンタールを届けられる。リリエンタールは不思議な現象を起こし、2人はリリエンタールと謎の組織の起こす騒動に巻き込まれていく。

f:id:jiholeopardon:20220421014121j:image

リリエンタールが光ると不思議なことが起こる

 

リリエンタールが凄くいい子な上、登場キャラクターが謎の組織のメンバーを含めてほとんど悪役がいない為、優しく、心地よい物語になっています。パンチは弱かったんでしょうが、もう少し続いてもよかったと思わせるできでした。

f:id:jiholeopardon:20220421014132j:image

謎の組織の一員、紳士。

チェスで勝つために初心者を探してチェスの相手をさせる。リリエンタールと勝負するが、会話も勝負もゆるゆるである

f:id:jiholeopardon:20220422010952j:image

でも結末はいい話

f:id:jiholeopardon:20220422011027j:image

 

あと、ゆきちゃん可愛い。

f:id:jiholeopardon:20220422010617j:image

 

終盤ややバトル展開に入りますが、バトルも悪くなく、ワートリにつながる片鱗が伺えます。

f:id:jiholeopardon:20220422010632j:image

クールスーツ美女のバトルカコイイ

 

拳法使いのてつことメカの天才の兄、面白いもの好きのゆき、幽霊のマリー、組織の紳士、サングラス、スーパー宇宙猫、ライトニング光彦など、キャラが多いわりに立ち位置が纏っているのでスッキリ読めます。

 

とにかく健気なリリエンタールが可愛いく、周囲のキャラにも悪意がないので、ほのぼの路線が好きならオススメです。長く続けばルーミックワールドみたいになっていたかも…。

 

f:id:jiholeopardon:20220422011055j:image

「おことわる」とか「ごぼうむき」とか緩い言語センスが好き

f:id:jiholeopardon:20220422011153j:image

 

サムライうさぎとか、背筋をピンと!とかもそうだったんですが、恐竜大紀行や惑星を継ぐものとは別の意味でジャンプに求められるテンションではなかったですね。この終わりのない学園祭感で掲載時にはサンデー向きの作家さんかなと思ったんですが、次作で見事にジャンプ向けの漫画を送り出したのは称賛に値すると思います。

 

番外編 ウルトラレッド

ウルトラレッド 全4巻 鈴木央 2002年

f:id:jiholeopardon:20220419175310j:image

 

 遅れてきた拳法漫画。修羅の門1987年を皮切りに、熱風キッズ1989年、秘拳伝キラ1995年、風の伝承者1998年など古流拳法を主役にした漫画が乱立したが、そのブームがひと頃落ち着いたあたりで掲載された拳法漫画。破傀拳を操る主人公皇閃の活躍を描く。

 

時期的にやり尽くされた感があったのが痛かったですが、天真爛漫主人公に打突での関節外しをメインにする拳法。100%の力を発揮すると体寿命を縮める魔性の拳。既存格闘技を組み合わせた新格闘技団体、血縁のライバル、拳の魔道に踏み入った父、とツボは抑えた作品になっています。

まあ、ちょっとテンプレ臭い設定ではありました。

拳法のオリジナリティはよかったです。

f:id:jiholeopardon:20220419175401j:image
f:id:jiholeopardon:20220419175356j:image

まあ、なんか主人公よりはライバルの使いそうな拳法よね。

 

転校生が伝説の秘拳の伝承者で、どんどん周りの強い奴を倒していってある程度ライバルが出たところで体重無差別の異種格闘技Jr.大会という無茶な大会が開かれます。そして現れる謎の拳法を操るイトコ。修羅の門でも秘拳伝キラでも見た展開。

f:id:jiholeopardon:20220419175404j:image

f:id:jiholeopardon:20220419181656j:image

肉親のライバル。同門対決。鉄板の展開。

 

 

ライバルグループの副将・相撲ベースの渡辺のおっちゃんがいいキャラで、格闘技を複合して使うドラゴンフレイム道場に置いて相撲単体で戦う愚直な男であり、大将・大我が唯一本気を出せたライバル。準決勝で同門対決をするんですが、お互いがいたからこそ高みに立てたことを互いにわかり合いながら決着をつけます。

もう一方の準決勝は肉親対決の閃対友。こちらは対称的に復讐の戦い。

 

自分の息子すら本気で攻撃しようとする閃の父・帝から閃を守るために姿を消したことがわかり、友と和解。決勝はお互い負傷した閃と大我の一撃にかけた勝負で引き分けに終わりますが、帝が姿を現し、戦いはここからだでエンド。

f:id:jiholeopardon:20220419180023j:image

 

全体的に頑張ってはいるんですが、先行作のにおいが消し切れてない&新規性に乏しいのが痛かったです。ともあれ、完成度自体は低くはないので好きな人は好きだったのに打ち切られた作品になっています。

 

 

番外編 蹴撃手マモル 

蹴撃手マモル 全4巻 ゆでたまご 1990年

 

f:id:jiholeopardon:20220418011441j:image

 

80年代、北斗の拳聖闘士星矢魁!男塾などのトンデモ格闘路線が一段落すると、87年から修羅の門、88年拳児、89年熱風キッズなどリアル系格闘技路線が流行になっていきます。

そんな中ゆで先生もリアル系格闘路線に移行。本格ムエタイ漫画でのブレイクを目指します。リア、リアル系?まあガンダムだってリアル系ですし…。

 

天才体操選手の中学生マモルは、ジュニアの日本代表としてタイの大会に出場中、生き別れの兄・イサオムエタイチャンプ・キング・パイソンの試合を観戦。必要以上に兄に攻撃を加えるバイソンに喧嘩を売り、3ヶ月の間にパイソンと4人の弟子に挑戦し、勝利しなければならなくなる。

 マモルは幻の達人ゼペット・チャンガーに弟子入りし、人並外れたジャンプ力を活かした奇想天外なキックボクサーになるべく特訓をかさねる。

 

f:id:jiholeopardon:20220418014609j:image

足の骨を折り、その骨が血管を上って心臓に辿り着くと死亡すると言う絶技。骨が上るまで90日かかり、移動と共に蛇の刺青が対象者の体を覆っていきます。うーん🧐

 

特訓も闘将!拉麺男くらいの謎科学レベルで作られた泥人形と戦ったり、蜂を打ち落としたり、膝で1トンのトロッコを動かすというレトロ風味。ぶっちゃけこの時代でもやや古めのテイストでした。

f:id:jiholeopardon:20220419012639j:image

 

ムエタイがマイナーな時代にチャランポ、テツ、ティーソークなどを子供達に伝えた功績はあるのですが、やはり現実路線とゆで先生は相性が悪かったのか次第に変態格闘路線に突入していきます。

f:id:jiholeopardon:20220418014840j:image

チャランポは結構流行りました

f:id:jiholeopardon:20220418014849j:image

言うてただの蹴りなのでハッタリに乏しい面はありました。そこで!

f:id:jiholeopardon:20220418015103j:image

ゲェーッ!キックボクシングに激突落下技だとーッ!?

 

敵の技もぎりぎりリアルくらいの路線から、ゴム人間とか無茶のある設定に変わっていきます。

f:id:jiholeopardon:20220418015251j:image

 

更にはどう見てもキン肉バスターな技なんかも出ますが、時すでに遅く打ち切り。その一年後にK1ブームが来て一年早かったと言われたそうですが、K1来ても波に乗れたかというと…。尚Wikiによると作中の特訓は現実のムエタイのものではなくゆで先生の創作との事。いや、言われなくても、ノンフィクションと思うやついないだろ!

f:id:jiholeopardon:20220419012824j:image

これは…。キン肉……バ

 

ニシキヘビ会の4人の弟子のうち2人を倒したところで打ち切り。残り2人の弟子を倒すために、満身創痍のマモルのもと2人の助っ人が現れて、「戦いはこれからだ!」で終わり。ゆうれい小僧もそうなんですけど、ゆで先生テンプレ的な打ち切りエンドを選択しがちです。

f:id:jiholeopardon:20220419020509j:image

 

番外編 ゾンビパウダー

ゾンビパウダー 全4巻 久保帯人 1999年

f:id:jiholeopardon:20220416235351j:image

 

みんな大好き師匠のデビュー連載。

巻頭のポエム。
芥火ガンマと火輪斬術のネーミングセンス。
巨乳。
マッドサイエンティスト

師匠の原点がここにあります。

 

f:id:jiholeopardon:20220417005838j:image

師匠といえば巨乳はこの頃から健在

 

f:id:jiholeopardon:20220417005706j:image

f:id:jiholeopardon:20220417005719j:image

火輪斬術 走戦段 水底竜王炮とか

雷戦段 連環重雷爆鎖炮とか

空戦段    五梢空雷炮とか、

炸裂するネーミングセンスに

f:id:jiholeopardon:20220417005859j:image

殺気の黒い炎で攻撃を受け止めたり、眠ってる何かが目覚めたり、もう厨二病をくすぐるオサレ&オサレ。

 

設定からして、S0級犯罪者、右腕に黒い鎧を打ち込み、素手で銃弾を払い、銀色のコートをきた男。2000年の歴史で15人しか習得できたものがいない東国の伝説の殺人剣・火輪斬術を操る、通り名は「黒腕の死神」の9億6000万の賞金首・芥火ガンマが主人公です。あふれるぜぇ!

 

死者を蘇らせ、生者を不死にするゾンビパウダーと死者の指輪を探して芥火ガンマと相棒の銃の天才C.T.スミスが旅をするというシンプルなストーリーですが、ガンマの過去やスミスの正体など謎が多く、散りばめられた謎から垣間見えるなんかありそうな設定が絶妙に少年の興味を惹きます。

f:id:jiholeopardon:20220417014916j:image

何やらありそうなスミスの名前

f:id:jiholeopardon:20220417014905j:image

魔女?

f:id:jiholeopardon:20220417014908j:image

過去のガンマ?

匂わすだけ匂わすぜ!

 

スリの少年が幻の剣術を使う主人公に憧れてついていきながら強くなると書くとアウトラインはるろうに剣心なんですけど料理の仕方は全然違いました。

 

正直何で打ち切られたのかわからなかったんですけど、好きだったんで紅染百式が出てくるまで続いて欲しかったです。

f:id:jiholeopardon:20220417005743j:image


ラスト近くの、天才美少女サイキッカーエンジェル・クーニーとか、マッドサイエンティスト外科医ナズナジェミニは終わるんで好きにやった感はありました。

f:id:jiholeopardon:20220417005755j:image

f:id:jiholeopardon:20220417005805j:image

 

 

わざわざ巻頭にポエム用のスペースを作って4巻全てポエムから始まるようにしてあるのもポイントが高いです。完成度は流石にBLEACHの方が高いですが、デビューからこれをやっていた師匠のブレなさとスタイリッシさはすごいと思います。

f:id:jiholeopardon:20220417013959j:image

f:id:jiholeopardon:20220417014002j:image

f:id:jiholeopardon:20220417014017j:image

f:id:jiholeopardon:20220417014021j:image

 

おしむらくも打ち切られてしまいますが、久保帯人先生は打ち切りもおしゃれに締めくくります。

俺たちの旅は続く系エンドながらもラジオから曲が流れて終わる師匠のセンスが垣間見えるラスト。

 

なんだかよくわからんけどカッケェ!と感じた方は読んでみましょう。

f:id:jiholeopardon:20220417014116j:image

 

この辺りのセンスはご存じの通りBLEACHで開花していきます。師匠も一息ついたしビッグネームになったことだし続き描いてほしいと言うファンも多いいと思うんですけど、ここのところの師匠の活動見るとちょっと難しそうですねえ。

 

まあ、遠距離攻撃できる剣術や謎の魔術の存在する世界で、銃弾を払い除ける主人公がいて、威力と速度が武器に依存する銃使いが相棒は無理があるかなーとは思いました。

話が続けば殺意で威力が増大する銃とかでてきたんでしょうけど。

f:id:jiholeopardon:20220417015306j:image

f:id:jiholeopardon:20220417015254j:image

番外編 アカテン教師梨本小鉄

アカテン教師梨本小鉄 全4巻 春日井 恵一 1986年 

f:id:jiholeopardon:20220415204223j:image


博打の天才破天荒教師梨本小鉄が、博打を通して生徒に人生を教えていく人情ドラマ。初期は博打で生徒を鍛えたり、トラブルに巻き込まれた生徒を助けたり、クラスの成績をカンニングであげたりと学園ものなんですが後半トーナメントが始まります。

 

まあ、初期も生理現象と時間の組み合わせで集団カンニングを行い、「この程度の不正行為が分からねえ教師に教壇に立つ資格はねえよ」とか無茶苦茶いってるんですが、経営難の生徒の喫茶店を助けたり、登校拒否児を生徒会選挙に勝たせるなど人情物の一面もあります。

 

f:id:jiholeopardon:20220416185342j:image

生理現象を使った「通し」で集団カンニング

f:id:jiholeopardon:20220416185351j:image

無茶苦茶言うなあ

 

f:id:jiholeopardon:20220416185443j:image

福本先生でもやらないような札束便器流し勝負で高利貸しをギャフンと言わせたり

 

後半貴王子が登場したあたりから雲行きが怪しくなります。最新の設備と最高の環境で行われるエリートによるエリート教育、人呼んで「教育界の貴公子」。小鉄の生徒を貴王子が教育する事で一悶着あり、解決した直後、「全日本有能教師トーナメント」が始まります。

 

教育漫画で!

トーナメント!!

GTOでもない展開!!!

 

f:id:jiholeopardon:20220416010450j:image

7人の超教師ってそんな7人の悪魔超人みたいに言われても…。異様にクセのある教師集団が集められ、コンピュータージローも加えトーナメントが開かれる事になります。暴力教師、警察教師、博打打ち×2、超能力教師、女性上位教師、エリート教師、コンピューター、ろくな奴がいねえ!

f:id:jiholeopardon:20220416190121j:image

 

しかもトーナメントとは名ばかりで、小鉄は各人の過去のトラウマをついてリタイヤさせていきます。いや、これ、指導力とか全然関係ないし、そもそもトーナメントしてないよね?


決勝はネパールの超能力教師。テレパシーで生徒に答えを教えるカンニングで勝利を目指します。結局カンニングかよ!

f:id:jiholeopardon:20220416191515j:image

しかしアビ先生は、小鉄の天に向かって唾を吐くと虹ができる技を見て戦意を喪失してリタイヤします。なんで?テレパシーカンニング続けてたら勝ってたよ?理屈はよくわからないですが雰囲気で小鉄が勝ち進み、コンピュータとの一騎打ちに。

f:id:jiholeopardon:20220416191700j:image

小鉄の選んだ勝負内容は「ジャンケン!」

いや、だから、教育とそこ関係あるぅー!?

 

なんだかんだでコンピューターを破る小鉄ですが、優勝した事で有名になった小鉄はマスコミに追われ素行が問題になり退職せざるを得ない事に。最後に生徒たちと酒を飲み、姿を消します。

少年たちと酒を酌み交わす相手が坂本龍馬のところに時代を感じますね。

f:id:jiholeopardon:20220416192530j:image

 

先生漫画は定番のジャンルであり、ジャンプでもミスターライオンやぬーべー、ルーキーズ、暗殺教室ぼくのわたしの勇者学保健室の死神などが連載されていました。

他誌ではGTOを筆頭に、ごくせん、ドラゴン桜、最近では、今からここは倫理ですや女の園の星などが挙げられます。今後もちょこちょこ取り上げられそうな題材ですね。

まあ、ここまで無茶苦茶なのはもう無理でしょうけど。割と打ち切り漫画の中でも記憶に残ってる人の多い漫画だと思います。

 

蛇足ですが、札束便器流しの回は、酒を医者に止められてる生徒の父(元小鉄の子供時代のヒーロー役を演じてた役者)が高利貸しに酒を強要されるのを助ける為に高利貸しと戦ってやり込めた上、経営難だったお店を助ける為に300万を得るんですが、小鉄に助けてもらったお父さんが止められた酒を飲もうと持ちかけるんですよね。

f:id:jiholeopardon:20220416193031j:image

「男には体の具合も省みず飲まなきゃならん夜もある!」じゃねえよ!

 

お前に酒を飲まさない為にギャンブル勝負やってたんだろうが!

 

この数日後にお父さん死んでしまうんで子供心にもあれ?この話おかしくない?と思ったものでした……。

 

 

番外編 サイバーブルー

CYBERブルー 全4巻 原作BOB  脚本 三井隆一 作画 原哲夫 1988年 

 

f:id:jiholeopardon:20220414191106j:image


生命維持装置がないと生きられない惑星ティノスで生まれたブルーは、罠に嵌められ死亡するところに居合わせた300年を生きるコンピューターファッツと合体。人の心と300年の叡智をもつ機械の融合した生命体サイバービーイングとなり、惑星の秘密を探ることなる。北斗の拳で一世を風靡した原哲夫によるサイバーパンクガンアクション(途中まで)

 

原先生も北斗の拳臭を消したかったんでしょう、拳法バトルからSFガンバトルに路線変更。過酷な環境で生き抜く人間達の生命讃歌とユーモア、スタイリッシュガンアクションを描くつもりだったんだと思います。当初は…。

 

f:id:jiholeopardon:20220415004123j:image

スタイリッシュガンアクション!

 

サイバービーイングって、サイボーグと何が違うのかとか、ガンアクションと言いつつ途中から肉弾戦じゃねーかとか、決め台詞の「300と17だ」の300歳部分全然生かされてなくない?とか色々思うところはあるんですが、この作品といえば「ファック」です。

 

キックボクサーまもるがチャランポを子供達に教えたとすれば、サイバーブルーは「ファック!」を教えてくれました。

f:id:jiholeopardon:20220415005753j:image

f:id:jiholeopardon:20220415005813j:image

f:id:jiholeopardon:20220415142746j:image

f:id:jiholeopardon:20220415132436j:image


津尾さんの周りでは大流行して、なんとなく大人の香りのする言葉に憧れる小学生が意味もわからず「ファックファック」連呼していたものです。

ジャンプ史上最も口の悪い正直主人公という異名を得たこともあり、あんまりブームにならなくて良かったかもしれませんわね。

 

領有権を主張する為に過酷な環境の惑星で殺し合いをさせられたティノスへの移住者達は地球を恨み、地球征服のためテロを起こそうとする。地球との戦争を避けようとした最初の移住者は、その記憶と記録をファッツに託し、戦士としてブルーが選ばれた。というストーリー。

コンピューターでの分析、精緻な射撃、サイバーシティーのコンピューターをコントロール、脳内のハッキング、300歳の経験から紡がれるユーモアという、おそらく寺沢武一の「ゴクウ」をやりたかったと思うんですが、バトルがどんどん肉弾戦になって行き、それにつれて消しきれない北斗の拳臭が漂ってしまいました。だいたい無力な子供達や市民、理不尽な権力者と、ヒャッハー達という構図が北斗の拳なんだよ!

 

f:id:jiholeopardon:20220415141659j:image

f:id:jiholeopardon:20220415141709j:image

筋肉質な男達が、男の誇りをかけて肉弾戦を行なって友になるのはもう北斗の拳なんよ。

 

地球征服作戦を止める為に4人の元老の腕輪を集めることになるのですが、地球に向かったあたりからその傾向が強くなります。生物の遺伝子を掛け合わせて作られたバイオビーイングが登場し、蜘蛛のバイオビーイングドーベルマンのバイオビーイング、獅子のバイオビーイングが敵として立ち塞がります。

f:id:jiholeopardon:20220415142149j:image

 

バイオビーイング虚数エネルギー・シャドウフォースを操る新人類!

f:id:jiholeopardon:20220415142337j:image

全然わからない説明なんですが、なんだかすごいエネルギー波をだしてくるので普通の手段では戦えません。ブルーも光子(フォトン)で対抗します。

遊戯王くらい前提条件のわからない戦いに後出しで能力が追加されて行きます。これもうわかんねえよ。

 

結局人の意志の力がサイバービーイングを進化させて戦いに勝利します。まあ、ちょっと打ち切りも仕方なかったわね……。

 

しかし、北斗の拳亜種に見えますが、ちょこちょこと「笑い」に挑戦していまして、原先生の笑いのツボが読者層とあっているかは置いておいて僕は結構好きでした。

f:id:jiholeopardon:20220415160036j:image

女を褒めるのにスキャンした内臓を褒めるブルー

f:id:jiholeopardon:20220415160051j:image

ラスボスが急激に老化してギャグジャンプ

 

でも北斗の拳でも、「あるのかないのかどっちなんだ?」とか「お前のようなババアがいるか」とかやってたから原先生の素かもしれませんね。

 

一応、原哲夫パワーで、ゼノンでリメイク作『サイバーブルー 失われた子供達』『クロスバトラーズ』が掲載されたので気になる方は御一読を。