津尾尋華のジャンプ打ち切り漫画紹介

週刊少年ジャンプの三巻完結以内の打ち切り漫画の紹介。時々他誌や奇漫画の紹介も。

キミを侵略せよ!  2018年

キミを侵略せよ! 全3巻 稲岡和佐 2018年

f:id:jiholeopardon:20210828183821j:image

 

宇宙人ということを隠して生活している高校生宙島一は人の姿に変態する能力をもつ地球育ちのケーズ星人。変態するところを相葉りあに見られたことから、正体を隠す日々が始まる。ちょいエロコメディ

f:id:jiholeopardon:20210828183825j:image

f:id:jiholeopardon:20210828183839j:image

f:id:jiholeopardon:20210828183844j:image

 

趣向を凝らして正体を暴こうとする相葉さんに対して、3話からは、一に片思いの幼なじみ生徒会長という対となるとキャラクター樹井華星が登場します。ポンコツ生徒会長可愛い。

f:id:jiholeopardon:20210828183954j:image
f:id:jiholeopardon:20210828184004j:image
f:id:jiholeopardon:20210828183959j:image
f:id:jiholeopardon:20210828184008j:image

 

正体を暴こうとする→なんとかバレないようにするのパターンオンリーでヒロインも2人のまま話が進んでいくのでワンパターンになりすぎたかもしれません。2巻末から相葉さんが恋心を自覚して行きますが、ラブい展開になる前に終わってしまいました。

 

趣向を凝らして正体をあばこうとする相葉さん

f:id:jiholeopardon:20210828184135j:image
f:id:jiholeopardon:20210828190423j:image

f:id:jiholeopardon:20210828184126j:image

 

最終回はケーズ星に帰ることになった一が真実を伝えて両思いになる綺麗な終わり方でタイトルも回収しています。ただ毎回日常回でパンチが弱かったのと、ヒロインを宇宙人好きでエロに無頓着にしたせいでラブコメの幅が広がりませんでした。

 

タイトル回収!

f:id:jiholeopardon:20210828190544j:image
f:id:jiholeopardon:20210828190540j:image
f:id:jiholeopardon:20210828190548j:image

稲岡先生は大幅に画力を上げて、自作ではアイテルシーの連載をはじめますが、しばらく同じ作者と気が付きませんでした。

 

アイテルシーは、ヒロインが犯罪者を愛する性癖をもつストーカー美人刑事というパンチの効いたサスペンスで作風をガラリと変えていした。

津尾さん、打ち切り漫画ソムリエとして4巻以上続く方にベットしたんですが結果は3巻でした。ソムリエ失格だよう…。

 

本編とはあんまり関係ないのですが、初期の作者の性癖がウェット&メッシーに傾いていると思ってたのですが後半この描写が消えました。アイテルシーでも出てくるようなら本物だと思ったのですが、特にそんなことはなかったぜ。

 

f:id:jiholeopardon:20210829082103j:image
f:id:jiholeopardon:20210829082052j:image
f:id:jiholeopardon:20210829082059j:image
f:id:jiholeopardon:20210829082056j:image